家づくり パートナーがのり気じゃない時の対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

家作りをこれから始めたい、いつかマイホームが欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか?

もちろんわたしもマイホームが欲しいと思っていましたし、どうせなら注文住宅がいいなと思っていました。

困った人

うちは夫が乗り気じゃなくて、家作りを始められそうにない。
友達は、家づくりはじめたけど、旦那がなにもしないと悩んでたよ。

こんな方はいませんか? 実は、1年前まで我が家の夫も、その1人でした。

そんな我が家でしたが、今では建てるハウスメーカーも決めて、夫も前向きに家作りを楽しんでいます。

では、どうやって夫が前向きに家作りに取り組むようになったのか?

今回は、乗り気じゃなかった夫が家作りを考えたきっかけと、我が家が取り組んだパートナーが乗り気じゃないときの対処法を紹介します。

Contents

我が家が家作りを考えたキッカケ

我が家は、昨年の夏から家作りを開始しました。

それまでの夫はというと、、、

家って高い、借金したくないし、考えたくない!!

こんな風に言っていました。そんな夫が家を買いたくなったきっかけとは?

賃貸の更新の連絡がきたことがキッカケでした。

家賃+更新費用+火災保険で、月々11万程度払っている計算でした。

これは家買えるのでは?と思ったようです。

そこから、急に家を建てることを考えてもいいかな~という感じになりました。

もちろん、全く前向きではありませんが、お金だけであれば、まぁ買えなくはない?くらいの疑いがある状態でした。

それもそのはず、夫は住宅ローンを借りることになります。

人生で一番大きな買い物、それも35年のローンを契約するのです。

不安に思わないわけがない!!

そもそも、ここをよく理解しておくと、この後自分が取るべき行動が良く分かるかもしれません。

家づくりに前向きじゃないときの対処法

マイホームを考え始めた我が家でしたが、土地をどうするかも含めて、夫はそこまで前向きではありませんでした。

急いでマイホームを考えるつもりはなかったので、時間をかけて納得した家作りがしたいと思っていました。

そこで私は、夫も私も納得して、安心した家作りができるように、情報収集など積極的に行動するようになりました。

わたしが実施したことは、この5つ!!

  1. 住宅展示場へ行く
  2. 無料の住宅相談を利用する
  3. ライフプランの作成、FP相談
  4. 完成見学会へ訪問
  5. ゆるーく長く活動

では、詳しく説明したいと思います。

住宅展示場へ行く

住宅展示場へ訪問して、家作りのイメージを!

家作りと言えば住宅展示場ですが、予約なしでの訪問はあまりオススメされていません。

今回オススメするのは、見学だけさせてもらう事です。

「さらっと見学だけさせて貰っていいですか?」と言って訪問すれば、説明を受けることもなく、滞在時間も10分程度で済みます。

実際に家を見ることで、家作りについて考えるきっかけになりますし、イメージをすることができるようになります。

気になるメーカーがあればカタログを頂くのもオススメですが、名前はできる限り書かないようにしましょう。

担当が決まってしまうので、見学だけでいいので!と言って、名前や住所は伝えないようにしてください。

展示場では是非、部屋の広さや雰囲気は好みか?、空調の温度は快適か?など、パートナーがイメージをつかんで貰えればいいかと思います。

無料住宅相談を利用する

家作りの情報収集とメーカー選びをしよう!

展示場に行って分かりましたが、無限にあるメーカーを自分だけで決めるのは不可能!

ということで、我が家は無料の住宅相談を利用して、希望内容にあうメーカーを紹介して貰いました。

SUUMO、ホームズ、タウンライフと色々な方法で相談ができる窓口があるので、利用することをオススメします。

のむさん

我が家は、SUUMOを利用して紹介して貰ったメーカーで家を建てることになりました。
本当に希望に合ったメーカーを紹介してくれたなと思っています。

家作りの基礎知識を教えてくれて、かなり勉強になったので、夫も自分事として捉えてくれるようになった!

予算に合ったメーカーを紹介してくれるので、そこも安心材料に。

詳しくは、こちらの記事に書いていますので参考にしてください。

ライフプランの作成・FP相談

資金計画が一番大事!

家作りを始めて、メーカー選定と同時にやったのがFPさんへの相談とライフプランの作成です。

夫がローンを組む(借金をすること)にとても不安を感じていました。

それもそのはず、自分の年齢位の35年ものローンを組むということは、とても不安だと思います。

その不安を少しでも軽くするため、我が家の経済事情を見て頂いて、ローンの金額に問題がないかを見て貰いました。

問題ないことがわかって、家作りに対して積極的になれたよ!

これは、本当にしてよかったと思うので、是非一度見てもらう事をオススメします。

我が家がどんなことを聞かれたか、どこで頼めるかは、こちらの記事を参考にしてください。

完成見学会へ足を運ぶ

リアルサイズを知る

これは、多くのメーカーが実施しているので、気になるメーカーがあれば情報を貰うようにするのがベスト!

完成見学会では、実際に建てた方のお宅を見学できるので、大きさや間取りがとても参考になります。

大体いくらくらいで作ったお家ですか?と聞くと、メーカーの方が教えてくれることも!

設備も見れて、ちょっとした工夫も知れて、どこにお金がかかったかなどもわかって、とてもいい参考になります。

パートナーも現実味が増すはず!

のむさん

我が家だったら、ここはこうしたいなど、具体的な話もできるようになった!

ゆるく活動する

毎週行くのは、乗り気じゃないパートナーには辛い

家作りは本当に長期戦。長い人だと数年かけて家作りをします。

だからこそ焦らず、ゆくる活動していたのが良かったと思います。

乗り気じゃないパートナーを、毎週展示場や見学会に巻き込むのは、お互い労力が必要です。

我が家は、月に1回程度、完成見学会に行く程度で、ゆるく活動することを半年程続けていました。

その間にも本や雑誌を買ったりして、家族で家作りについて話す機会を作っていたことで、少しずつ興味を持ってくれました。

活動を続けていたことで、様々な選択肢も検討できたし、ベストな提案・環境が整ったタイミングで決断ができました。

SUUMOは、前向きじゃない夫でも写真や図を楽しんでくれたので、本当におすすめです。

手ごろな価格で、何冊も買いました。

 「愛知岐阜三重」 SUUMO 注文住宅 東海で建てる 2021 春夏号 雑誌
created by Rinker
Housing by SUUMO
created by Rinker

こちらは図解付きなので、家作りをはじめたての方でも分かりやすい本です。

本嫌いの夫も読んでいましたが、見た目でわかりやすい図が多く取り入れられている本です。

 間取りの方程式
created by Rinker

前向きに家作りしよう

如何だったでしょうか?

前向きではないパートナーと家作りをするのは、とても大変なこと。

なので、今回挙げた5つの対処法をうまく活用して、前向きなパートナーと家作りができればきっと楽しいはず!!

  1. 展示場へ行って見学して、家作りのイメージをする
  2. 無料の住宅相談を利用して、知識と情報を得る
  3. FP相談を利用して、ライフプランを作成してお金の不安を無くす
  4. 完成見学会でリアルサイズを知る
  5. 負担にならないようゆるく活動する

旦那さんが何もしてくれない、妻が乗り気じゃないという方は、わたしが試したこちらの5つを試してみてください。

不安を1つずつ取り除いていけば、きっと、前向きになってくれるでしょう!

家作りがまだまだこれから!という方は、こちらの記事も参考にしてください♪

のむさん

家作りについて、インスタでも投稿しています!
アカウントこちら⇒(@nomusan.321)もよろしくお願いします♪

にほんブログ村 参加中★

ブログランキング・にほんブログ村へ

\本当に知りたい注文住宅で建てる家作り。/

本当に知りたい注文住宅で建てる家づくり。

シェアしてくれたら嬉しい!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる