家づくりで大切な3つの柱をプロに聞いてみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!
困った人

家作りを始めてみたけど、展示場に行くと1社2時間かかる…。
メーカーや工務店の数が多くて、自分だけでどうしようもできない!!

資料請求してみたけど、用語や資金計画やスケジュールについても不安になってきた!

こんな風に思ったことはありませんか? わたしも同じ状況でした。

そこで私たちは、住宅相談カウンターに行って、注文住宅のこと教えて貰いました!

そのことについてはこちらの記事をどうぞ!

まず何からすればいいかわからない」って方はこちらの記事を参考にしてくださいね★

Contents

相談カウンターで聞きたかったこと

わたしたちは、相談できるにメーカーを紹介して貰いたくて訪問しました!

しかし、最初に教えて貰ったことは家作りに必要な基礎知識でした。

今日はまず家づくりの基本である「3つの柱」について説明をしますね。
それから、2人の要望を伺ってお客様に合ったおすすめの工務店についてご説明します!

今回は、アドバイザーに教えてもらった家づくりで大事な3つの柱がとても有益だったので紹介します。

プロに聞きたい方は、無料相談カウンターを利用するのがオススメです!

資金計画

まずは予算の設定をしてから家づくりが始まります。

これ一番大事です!!

計画無くして家は建ちません。

しかし、家に関するお金って、なかなか友達にも聞きにくく、詳細が分かりづらいのが現状です。

家の総費用

家を建てる費用の中には、家本体にかかる工事費用以外に付帯工事費諸費用が必要です。

これが思ってたよりかかる…驚きでした!!

付帯工事(15-20%)約400万、諸費用(5-10%)約200万円 =600万円⁉ (たかっ!)

【付帯工事】電気水道ガスの工事、照明、カーテン、外構、基礎補強など

【諸費用】ローン登記費用、手数料、保険、保証金、敷地調査費、印紙代、引越しなど

しかも!この付帯工事費と諸費用は、どのメーカーで建てても、同じ間取りで建てればほぼ変わらない金額だということが分かりました!

600万円前後は絶対かかるってことね・・・。

外構や照明、カーテンは節約できるかもしれませんが、水道やガスの配管工事は節約できませんもんね…

住宅ローンについて

お金のこと教えてくれる人ってなかなかいないし、友達には聞きにくいよね…

年収400万円以上の家庭は、年収の35%程度までならローンの返済に充てても問題ないそう。

年収500万円だとすると、、、年175万、月14.5万になる。(それはちょっと多くない (゚д゚)!?)

ローンで借りられる金額は、年収とローン返済額が年収に占める割合(ローン返済率)によって変わるから、自分の年収を元に計算する感じになるよ。

例)年収500万円 X0.35 ÷12 ÷3312 =4400万円 になります。

奥さんの年を含める場合は、銀行にもよるそうですが、年収の約半分を上の計算式に入れて計算する感じだそう。

これは借りられる金額です! 返せる金額とは別問題。

ハウスメーカーで話をすると「借りれる金額これくらいなので~」と話を進められるケースがあるみたい。

あくまでも大切なのは返済できる金額!これは各家庭によっても違います。

年収だけで言える話じゃないですよね!?

だって、食費や旅行にめっちゃお金使ってる家もあるからです。

返せる金額かどうかは、ライフプランを使って確認することができます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

ちなみに、みんなが頭金をいくらくらい用意しているかなどは、SUUMOの雑誌に書いてあるから安いし読んでみるのがオススメです!!!

Housing by SUUMO
created by Rinker

スケジュール

次に大切なことはスケジュール! これも期限がある人は大切。

社宅をでる期限や、子供の学校など、期限を決めていることもあるかと思います。

わたしたちは2~3年後くらいに建てたいな~と思って今色々情報収集しているところです。

なので急いでるわけではありませんが、見ていくのに結構時間がかかります。

余裕をもって始められるといいですね♪

住まいづくりの流れと期間

家を建てられる最短の期間

建築依頼先選び:1-2ヶ月(3-4社見学して2-3社から比較が一般的だそう)

家づくりの詳細打ち合わせ:2-3ヶ月

工事:6ヶ月

合計で約10ヶ月!! 

ここに、土地探しが入ると、もっと長くなります。

建築依頼先を決めつつ土地も探して貰うことになるので、色々考えることが多くなりそうです。

土地探しについて

土地は、契約してからでないと探して貰えないメーカーもあるようです。

土地の契約をする時は、ローンの申し込み間取りのラフプラン見積を作ったり、総額の決定など1~2週間の間に全部やらないといけない為、とても忙しくなるそう。

土地については、探すときは2-3ヶ月集中して探して、それでも希望の土地が出ない場合は条件が厳しすぎると思ってくださいと言われました。

スケジュールについては、これからやりながら、実際の流れも書いていきます☆

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは

年末に残っている住宅ローンの額の1%が、10年間所得から控除される制度。

(上限40万円)残額4000万円ならちょうど40万円なので、その分が所得控除となる。

(現在、増税やコロナの影響で10年→13年に延長中!)

現在住宅ローン控除13年に延長されていて、その期間内を目指して動いている人が多いそうです。

しかし、コロナ禍で控除13年の延長や、他の政策が浮上しています。

今の制度よりも長期間で優遇が受けられるようなので、今後も注目ですね!!

会社選び

実はみんなこれを一番重視してるんじゃないかなと思うメーカー選び!

もう工務店の数なんて数えきれないくらいあるし、自分では選べないと思っています。

だからこそ、プロに聞こう!!!

住宅相談カウンターで無料相談をすると、希望している家づくりについて話を聞いた上で、それに合ったおすすめメーカーを紹介してくれます。

まずは無料相談をして、オススメされたところを見ると予算や希望に合った会社の中から検討出来ますよ。

わたしたちは6社オススメしてもらいました!

土地を探す場合も、メーカーを見てから、お願いしたいと思ったメーカーに土地を探して貰います。

納得のいく1社に決めるために

納得のいく1社に決めるためのポイントを教えてくれたよ!

  • 外構、解体など建物以外でかかる費用も見極める
  • 見積のどこに何が含まれているかしっかり把握する
  • 見積とプランは3~4社で比較検討する
  • 要望の優先順位を確認して、修正プランを貰う(修正プランを貰うことで、予算内に収めることもできる)
  • 各社2回程度会ったら、検討先を決める

修正プランを貰うのは2社程度にして、1社に決めてから打ち合わせ時間をしっかりとることが重要。

最後に

相談に行くときは、工務店だけ教えてくれればいいや~って思ってたけど、いろいろ話をしてくれて、本当にためになった!!

知らないことたくさん、プロってすごい!!

皆さんも是非、相談カウンターでお話聞いてみてくださいね!!

これまでに回ってきた、その他のメーカーについても記事にしています! こちらからどうぞ!

家作りがこれから!という方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

資料請求は一括サイトからしてね! 個別にするとセールスの連絡がすごいよ…

最後に私たちが家作りで参考にしている本を紹介します。

SUUMO:安くて情報量も多い! 最初の1冊におすすめです!

Housing by SUUMO
created by Rinker

間取りの方程式:間取りを作るときの考え方や、様々な間取りが載っていておすすめの1冊!

 間取りの方程式
created by Rinker

少しでも皆さんの家づくりの参考にして頂ければ幸いです。

のむさん

家作りについて、インスタでも投稿しています!
のむさん(@nomusan.321)もよろしくお願いします♪

にほんブログ村 参加中★

ブログランキング・にほんブログ村へ

\本当に知りたい注文住宅で建てる家作り。/

本当に知りたい注文住宅で建てる家づくり。

シェアしてくれたら嬉しい!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる